Blog を Netlify にホスティング

Posted on
blog

ブログのホスティング先を GitHub Pages から Netlify に切り替えました。 評判が良い Netlify を実際に試して評価するため。

Netlify を利用する利点

Netlify の公式サイトでも GITHUB PAGES VS. NETLIFY という比較ページがありますが、 付け加えて二点。

GitHub Pages では現時点で Jekyll のバージョンは 3.9.0 に固定されており、 使用できるプラグインも限定されています。 一方 Netlify では各サイトのビルドを独立した環境で行うため、 このような制約がありません。

また Netlify ではデプロイ時のログを見ることができるため、 トラブルシューティングがしやすいです。

GitHub Pages はローカルに静的サイト構築フレームワークをインストールしなくても使えるため手軽ですが、 ある程度使い込むとなると Netlify の方が良いですね。

Netlify の使い勝手

まだ GitHub Pages から移行して基本的な設定をした程度ですが、 Netlify は UI が直感的で迷うところがないです。

サイトをロールバックしたり、 プレビュー用のブランチを作成したり、 第三者からの pull request を受け付ける場合に自動的にプレビューを作成する機能などもあり、 プロダクション環境での運用でも便利そう。

もう少し使い込んでみる予定。

移行作業

GitHub Pages から Netlify への移行

ローカルで Jekyll を実行できるようにしてある場合、 Netlify のセットアップは簡単です。

GitHub にあるリポジトリとブランチを選択し、 ホスト名などを設定するだけ。 Netlify の側で Jekyll を使ったサイトには標準で対応しているので、 自動的にビルドコマンドや公開するディレクトリなどが設定され、 手作業で修正を加える場所はほとんどありません。 大袈裟ではなく、 マウス数クリックで終了です。

カスタムドメインを使用している場合には、 追加でドメイン名の設定と、 DNS の CNAME を Netlify に向ける必要があります。

なお Jekyll を使っていて本番用(公開用)のサイトを構築している場合には、 Netlify のビルド設定で環境変数 JEKYLL_ENVproduction に設定する必要があります。 さもないとテスト環境とみなされて、 ログ解析用のタグなどが出力されません。

Setting - Build & Deploy - Environment

GitHub Pages のクリーンアップ

これまでは GitHub 上のリポジトリ isseis.github.io に push すると、 GitHub が自動的に変更をピックアップして対応する GitHub Pages を更新していましたが、 Netlify への移行に伴ってこれが不要になります。

GitHub リポジトリの設定で GitHub Pages の更新を止めようとしたところ、 うまくいかない。 調べたところ GitHub Community で解決策を見つけました。

Can’t disable GitHub Pages for this repository

GitHub Pages sites served from repositories that use the special naming scheme username.github.io can’t be unpublished as it’s expected that a Pages site will be served from these repos. In order to disable Pages for these repositories you’ll need to first rename it to something else.

リポジトリの名前を変更し、 Setting - GitHub Pages - Sources を None に変更して完了。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。 プライバシーポリシー および 利用規約が適用されます。